調剤薬局の薬剤師の求人は見つけやすい

薬剤師の求人の中で一番ポピュラーなもの

薬剤師の求人の中で一番ポピュラーなもの調剤薬局への転職を考えるときに注目すべきこといつも求人を出しているところには問題がある人間関係に注意して長く働ける職場を選ぶ

薬剤師求人の中で、調剤薬局の仕事は一番見つけやすいです。
都市部だけではなく、地方でも見つけられます。
この仕事は一番薬剤師らしいものです。
調剤がメインであり、他の仕事をあまりする必要はありません。
薬局に来た患者さんに薬のことを説明するのは大切な仕事ですが、これはコツを覚えたらどんな人でもスムーズにできるようになります。
調剤薬局の仕事は薬に関する知識を高めていくのに向いています。
華やかさはありませんが、病気の患者さんの支えになる仕事です。
患者さんは薬のことを医師から聞いています。
しかし、医師の説明が十分でないこともあります。
また医師の中には、患者さんの訴えを重視せずに、自分の主張を押し通す人もまれにいます。
医師と患者さんの間に立って、薬が効果的に使われるように取り計らうのが調剤薬局の大切な仕事の一つだと言えます。
求人が多いので仕事は見つけやすいのですが、求人を探す時に注意すべき点はいくつかあります。

薬剤師として就職するために求人情報誌を読んでいます

10歳ほど年上の従兄が就職活動をしていた時期は、不景気だったことから就職するためにかなり苦労をしたようです。
そのため私が就職するのであれば、手に職をつける職業を選んだり、資格を取得しておいたほうがいいよと何度もアドバイスをしてくれました。
従兄の言葉が頭の端っこに残っていたようで、大学進学をするときに、先のことを見据えて薬学部に入学しました。
薬学部で勉強をして、将来は薬剤師として働くことができればいいと考えたからです。
しかし大学に入学してみると、薬の分析をしたり、新薬開発する研究の方に力を入れたいと考えるようになりました。
研究にはやりがいを感じていたので、大学で6年間勉強した後も、大学院に残って研究を続けることにしました。

しかしすでに大学院では学生や研究生が豊富状態になっていて、このまま研究を続けていても大学に残ることは難しいという現実がわかるようになりました。
大学院の先輩のほとんどが、2年間の研究を終えた後が企業に就職したり、薬剤師として働くことになります。
企業に就職するにしても、狭き門のため、自分の研究を続けられるような研究はできないことが多いということがわかりました。
それなら大学で培った薬に関する知識を生かして薬剤師として働くほうがいいのではないかと考えて、求人情報誌を読むようになりました。
薬剤師として働くことができるのは、病院や調剤薬局、その他にドラッグストアなどもありました。
学生時代に接客業のアルバイトをしていたので、ドラッグストアで働くのも楽しそうだと思いましたが、薬の知識をあまり生かせないのではないかという懸念がありました。
ドラッグストアの中には処方薬を取り扱っているところもありますが、処方薬を購入する人が多いのは調剤薬局だということは知っていたので、
自分には向いていないのではないかと考えるようになりました。
求人情報誌を見たり、先輩からも良い就職先があったら教えてくださいという話をしていたら、サークルでお世話になった3歳年上の先輩から、
新しく建設される予定がある病院で働かないかと誘われました。
さいきん都心を中心に再開発が進んでいて、駅近くには高層マンションが立ち並ぶようになり、人口も急速に増えているということは感じていました。

それが追い風になって、大きな病院が建設されるということになり、そこでは病院内に調剤薬局が併設されて、患者さんがわざわざ処方箋を持って薬を購入しなくても、
治療を受けて清算をしたときに薬が受け取れるようになるサービスを導入するということでした。
医師や看護師との連携がスムーズに行くので、薬の処方を間違ったりすることもないという魅力があり、以前から理想的な薬の処方方法だと感じていたサービスでした。
それを新しい病院が取り入れるのであれば、是非、協力したいと思ったので、すぐに先輩にその病院で働きたいので情報が欲しいとお願いしました。
先輩から求人情報を貰いましたが、それが求人情報誌には掲載するものではなく、まずは医療関係者を中心に配られたものだということでした。
先輩から声をかけてもらえなかったら、知らずに見過ごしていた情報なので、ありがたいと感じました。
すでに病院の形は出来上がっているので、半年後に診察できることを目標にしているということでしたから、
自分のようにちょうど半年先に大学院を卒業する学生にとっては理想的だと感じました。
もちろん、素晴らしい雇用環境にあるので、薬剤師として働きたいと考える人も多いことが簡単に予想できますから、狭き門には違いありません。
でも働きたいという意志が強いので、絶対に雇用してもらえるように努力を欠かさないようにします。